間仕切壁 ロッキング構法
【PRバー仕様】

主な特徴

  • ロッキング機構、層間変形角1/60rad異常なし
  • パネル上部は定規アングルにリブクリップを溶接固定(=SDR構法)
  • パネル下部はPRバーを介し床スラブにあと施工アンカー※で固定
  • パネル下部は片側の金物露出なし

※推奨のあと施工アンカー(日本ヒルティ製)
①火薬式打鋲ピン(2本)、X‐U 27(P8又はMX)
②ウェッジ式締付方式金属系アンカー(1本)、HSA M10×68(2067311)

適用範囲

  • パネル厚:100mm専用、最大パネル長:5000㎜
  • 設計用水平震度:1.0
  • 床:コンクリート系床スラブ
  • 床スラブのない中間梁への取付不可。
  • 倉庫業法への対応不可。