SDR縦壁構法

特長

<強>
外力を回転で吸収、
層間変形角に無理なく追従

独自の取付ファスナーにより、地震等による外力で建物に大きな変形が生じても、パネルが1枚ごとに小回転(ロッキング)し、構造躯体に柔軟に追従します。

目地部の追従性のをアップする2面接着
目地部のシーリングは「JASS8 防水工事」に準拠した2面接着で優れた変形追従性能を発揮し、パネルの挙動に追従します。

<確>
多数の実績を持つ確かな構法

SDRロッキング構法が誕生してから約20年、今ではALC取付構法として一般的な構法としての地位を確立しました。数々の実績を持つSDR構法は、ご愛用いただいている施工者さまも多く、安心・安全の構法です。
また、独自のタテパイプとスピードボルトの組み合わせによりさらに優れた施工性を発揮し、工期の短縮を図ります。

屋内側からの施工も可能
隣棟間隔が狭くても施工が容易

屋内側から下向き溶接で取付しますので、隣棟間隔が狭い立地条件の外壁工事も可能です。

<美>
座掘り補修が無いから、
均質で美しい仕上がり

目地モルタルを使用せず、座堀り補修が必要ない構法ですから、均質で美しい外壁面となります。アートパネルのバリエーションも豊富。さらに表情豊かな演出が可能です。

断面図

※取り付けファスナーは品質改善のため、予告なく変更することがあります。

概要

適応範囲の目安

風圧力 : 正圧2500N/m²以下  負圧1600N/m²以下
建物高さ : 31m以下(これを超える場合にはご相談ください)

パネルと取り付けアンカーの種類

パネルの種類

平パネル 100、125、150厚/タテパイプ、ヨコパイプ
アートパネル 125、150、175厚/タテパイプ、ヨコパイプ
スリムアートパネル 100厚/ヨコパイプ

適応するコーナーパネル

コーナーパネル ヨコパイプ
アートコーナーパネル ヨコパイプ
スリムアートパネル スリムビス
スリムコーナーパネル スリムビス

変形追従性能

層間変形角1/75radまで異常なし